町の寂しさ|ポエム|


朝、忘れられない声を、もう一度、聞きたくなった。

こんな私にも生きる勇気があるから、晴れるときを待つ。

町の寂しさ、この町は、きっと、贅沢な無駄遣いしている。

純情には嘘もなく、まっすぐ、まっすぐ、私も生きている。

人生っていうのは、ときには孤独もあるように。

日々、自分自身に打ち勝つときを信じて歩むことなんだ。

日々、自分自身に打ち勝つときを信じて歩むことなんだ。

 


HOME BACK