心にある光|ポエム|


深夜、私は一人でツバサを休めて言葉を温めているよ。

終わらない旅に夢見る時計は、きっと、生きている証だよね。

不思議な地球に産まれた私達は、心にある光を信じているよ。

たとえ、現実は病気で苦しくても誰にでも朝のしずくは照らすだろう。

どんなときも、あなたも心にある光を信じて歩いてね。

 


HOME BACK