肌寒い時代の記憶|ポエム|


肌寒い時代の記憶は、さみしい響き。

深海のせつなさ、あなたを想う気持ち。

かすかな光が照らす道、この道へと歩く。

嵐も過ぎ去り、私は時代を、時代を創る。

不器用な純情を追いかけてくる悪魔。

そんな弱さなんて消して、消して歩く。

 


HOME BACK