新しい明日|ポエム|


心の疲労で見る都会は、悲しい物語。

人は物質の雨を求めている。

こんな時代にしたのは、誰だろう。

田舎の町は、新しい明日の始まりだった。

帰郷して十五年目になった。

古里で生きてゆく、一生、島で生きる。

私の真心の島は、大崎上島。

 


HOME BACK