ミカンの花|ポエム|


島の歴史に、いつまでも残るミカンの花。

瀬戸の香りは、世界を巡り、穏やかな風となる。

ここ大崎上島は、離島の伝統文化歴史に生きている。

時代の足音を気にしなく、独自の道へと進む。

島の歴史に、人々は生きて結晶の実に夢見た。

今でも語られる愛の結晶、空や海の恵みを育んでいる。

 


HOME BACK