時代の悲しみ|ポエム|


氷河の刀は、目の前の嵐に打たれて目覚める。

天使達の声は、無視されたように欲望の果実を食べる。

時代の悲しみは、ひとときの満足で終わる。

この星に子守唄は、天使達の声が再び人々に伝わる。

人々は夢物語に踊らされていたステージで何を思うだろうか。

 


HOME BACK