パラダイス|ポエム|


私が住んでいる島は、なつかしい香りがある。

時代の渦は、便利さを求めて何かを失う。

私が住んでいる島は、日本人の忘れた故郷。

時代の音は、悲しみの感情がある。

私が住んでいる島は、真実の鏡で見ると時代に必要とされている。

みんなにも気づいてほしい、このパラダイスを感じる波動。

 


HOME BACK