熱い涙の数だけ|ポエム|


キミは無力な時代で歌っている天使みたいだね。

私もキミと同じ空を見たいと心から感じているよ。

孤独の時間が長かったけど誰にでも平等に幸せを信じる明日は来るよ。

私の熱い涙の数だけ二人の歩幅を合わせて人生を歩こうね。

キミの声、キミの香り、キミは純粋な目で私を見てくれるね。

 


HOME BACK