秋の汽笛|ポエム|


秋の汽笛、遠く遠い国には今日が地獄。

人は、優越感と欲望で儚さのバラみたいです。

地球の中で人々は、生きる、生きる、生きる。

人は人、銀河の想像してみたら宇宙人もいる。

数億年の記憶という遺伝子には、愛があります。

愛、愛、愛を失望した人々へ、希望の光を照らす。

 


HOME BACK