さみしかった夜|ポエム|


さみしかった夜、飾りのない町を歩いていた。

一人、星空を見て、ため息、不幸だと思った。

人は、みんな悩みもあり、ときには孤独を感じて見た夜空。

だけど、そんな私にも、当たり前じゃない両親が存在する。

両親に、私も親孝行したいと歯をくいしばって生きている。

 


HOME BACK