詩人の言葉

詩人・日向裕一、心と魂からのメッセージ。
2019年月日 詩人の言葉 解説
10月20日 政治には、お金がかかる。 現代社会の政治家には、資金力がない。

政治に資金は重要な価値である。

しかし、お金を集めることが政治ではない。

政治は、商売人ではないことを明確にすること。

資金力がない政治家は、政治家ではない。
10月7日 心の中に真があるからこそ、詩人道。 困難・苦難な道だとしても我がゆく志。

心の花は燃えて、大きな大義を抱く。

それが、我が情熱の想いである。

我が詩人道は、必ず、光の方向へゆく信念。

しっかり根を張り、空高く昇る竜のようである。
9月14日 福祉とは、政治と直結している。 上に立ち者が政治家ならば、問う。

福祉に無知な人選ではなく、

現場の修羅を知らない政治家もいる。

私は難病の心の病であり、福祉に疑問だ。

その理不尽と矛盾に、反骨精神である。

私は福祉改革を優先するべきだと強く思う。
9月10日 島国根性を捨てろ。 もっと広い大海を感じよう。

小さな人間ではなく、地球観が必要だ。

地球観には、広い広い大海の愛がある。

時として、島国根性を捨てることである。

せまい価値観に生きるのではなく、

大海を知り、己の未熟さも知ることである。
8月28日 教育を子供たちだけに求めるな。 大崎上島町は、教育の島である。

教育とは、大人の教育のことでもある。

しっかりした教育は、大人学である。

理不尽な大人、矛盾した大人が存在する。

しっかり教育を学ぶ大人は、

真の大人として子供たちの手本となる。

だからこそ、子供たちだけに求めるな。

教育の島は、まずは、大人学の島が現実。
8月20日 障がい者を利用しないでくれ。 障がい者と職員の間は、悲しい。

愛を失望した矛盾は、涙となる。

障がい者を自慢する心が汚れている。

悲しみは、優越感となる。

その仮面の裏には、悪道である。

矛盾の嵐は、終わらないのか。

世の中、誠実なき人々が存在している。
8月10日 走りに走った過去。 今でも心の痛みは、激痛です。

人生に疲れた日々もあった。

でも、あきらめず、あきらめず、

私も立ち上がって生きています。

詩人道とは、生きる勇気であります。

二度と、悲しみのない空と海を感じたい。

そのためには、難病に負けない強い心。

私は、詩人として地球を楽園へと導きます。
8月2日 真のアスリートは、妥協なし。 プロ・アマ問わず、真のアスリートとは、

己に厳しく、悪行なき修行僧である。

要するに、心技体を修得する己との死闘。

その日々を普通のようにすること。

普通という定義を超えた、普通である。

我が詩人道も日々、己に厳しくありたい。

すべての夢とは、世界への道である。

あえて厳しい道を選んだ原点・初心も重要。

世界には、世界のトップレベルがある。
7月28日 明治の政治家は、威厳があった。 政治も人材不足である。

現代の政治家には、威厳ない。

むかしは、地元の名士・豪商が政治の道へ。

現代の政治家は、私的財産を集める。

本来の姿は、政治こそ自費活動である。

お金集めではなく、しっかり政治をすること。

在野には、たくさんの人材が存在している。

政治とは何か、それが、問われている。
7月17日 伝統とは、守ることではない。 日本国は、伝統にたいして重んじる。

だが、ときとして伝統を変革することである。

ここで言う変革とは、

母なる宇宙法則は、すべての真がある。

それは、数億光年の遺伝子と記憶である。

人類の価値観を超えた、時空の旅。

伝統とは、時代によって適応することでもある。

だが、エンターテインメントは、伝統に反する。

宇宙法則こそ真の姿であり、守ることではない。
7月1日 大海を知らず、世は語れない。 日本は広い、世界は広い、宇宙は無限大。

我が志とは、すでに宇宙観へと歩んでいる。

心の中にあるエネルギーは、感性である。

世を知ることは、己の力量を知ることでもある。

力量を開発するのも己の無限大の可能性。

我が進むべき道とは、志ある後輩を育てる。

さあ行こう、我が人生は、世界詩人へと続く道。
6月17日 暗黒に一条の光を解き放つ。 なぜ、大崎上島は発展しなかったのか。

それは、暗黒の時代をさまよっていた。

今、一条の光が道を照らしている。

恐れることはない、私達には善の導きがある。

母なる宇宙に包まれた地球、すべては、愛。

一緒に大崎上島の楽園を創りましょう。

みんなが、みんなを応援できる離島社会へ。

一人一人が主役となり、大きく発展しましょう。
6月14日 田舎の選挙は、優柔不断である。 選挙とは、個人と個人の仲良し関係ではない。

立候補者のしっかりした政策と公約である。

選挙という民間の祭りは、

立候補者の組織・政党などは関係ない。

そして、当選して目的を探す政治家もいる。

立候補者を見よ、強く感じよう、

それが、選挙の姿である。

田舎へ行けば行くほど、優柔不断が多くある。

立候補者の真を問う、立候補者の誠実を問う。
6月8日 我が詩人の道とは、在野精神である。 歴史人物で尊敬する吉田松陰先生。

幕末・明治維新こそ、

我が魂に響き合いがあり、高き志である。

現代社会に最も必要なのは、在野精神である。

志ある者たちが団結・結集して、立ち上がろう。

我が草の根活動は、詩人の愛と大和魂である。
6月5日 コンクリートは、地球を破壊する。 むかし、むかし、地球は美しい海と大地。

現代社会は、愛と心を失い、政治と利権。

コンクリートは、自然環境を崩している。

悲しみの記憶になり、すべての愛は失望。

政治と利権は、心を失い、悲しみの渦。

そんな時代で詩人たちは、すべてに愛を。

すべての生命の楽園こそ、真実の地球である。

これ以上、汚れた地球にしないでほしい。

世界中の詩人たちの声が聴こえますか。
5月30日 政治家は導かれし者ではなく、

選ばれた人。
選挙という名の祭りは、

国民である人を選ぶ、それが、民主主義。

民間による民間のための政治である。

政治家とは、導かれし者たちではない。

そのことを明確にしてこそ、真の政治である。

組織化された政治家ではなく、

真とは、個人が重要視されることである。

個人の能力、誠実、品格こそ、真の政治家。

そして、無投票とは、実力なき政治家である。

選挙あっての政治、それが、民間の祭りである。
5月26日 望月圭介大臣の門下生。 望月圭介大臣の弟子である池田勇人首相。

歴史認識をしっかりしてこそ誠実である。

大崎上島の偉大なる政治家、望月圭介大臣。

その恩義・恩恵を忘れてはならない。

力強く、清らかな心、その誠と正義こそ、

望月圭介大臣への忠義である。

日本男児、今こそ、郷土愛精神である。
5月23日 時代を動かす維新力は、愛です。 我が意志と覚悟には、大崎上島維新です。

郷土を改革ではなく、大改革を決意します。

維新の果てに、愛の広がりがあります。

我が志と信念は、詩人の感性です。

今こそ、時代を進めるときなのです。

さあ行こう、同志たちと一緒に新しき時代へ。
5月4日 真を問いて、人を問う。 志なき政治とは、真がありません。

我が詩人の真とは、魂からの感性です。

真を問う、それは、最上の教えでもあります。

現代の政治家には、まったく真がないです。

我が果てしなき維新の道に希望の花が咲く。

その花は、すべての原点である愛です。
4月20日 若者よ、苦労しなさい。 私の人生は、苦労の連続でした。

死に直面したり、地獄もありました。

それでも、信じて来た人生でもあります。

今、苦労していることは、無駄ではないです。

生きることから逃げず、生きてゆきましょう。

その試練を乗り越えたとき、大きなプラスです。

今、大きなマイナスであっても信じてゆこう。

苦しみ、悲しみは、恥ずかしいことではないです。

あなたを、キミを、私は助けたいです。

私は、愛の心で見守っています。

あなたは、キミは、一人で闘っていません。
3月23日 空を見よ、大地を感じろ。 人間の価値観とは、小さいですよ。

小さなこだわりを捨てて、大きく生きよう。

心は宇宙観であり、心の広さは無限大です。

常に私は、地球を想像して生きています。

地球にも命と魂があることを気づきましょう。

必ず、太陽の光は、平等に照らすでしょう。
3月6日 真の学問は、学力ではなく創造力です。 私は、あらゆる学問をしています。

自己気づきとして、真は、創造力です。

真の学問は、無限の可能性です。

学問とは、創造力と独創性が重要です。

すでに、人類は宇宙へと歩み始めています。

だからこそ、最上の教えとは、宇宙観です。

すべての学問は、宇宙へとつながっています。
2月2日 信念なきところに道はなし。 この国に必要なことは、創造力です。

最上級の教育とは、燃える信念です。

熱き志の果てに、人それぞれの道があります。

その道に信念、心の波動で突破してゆくこと。

私の信念には、すべての人々への愛情です。

愛情こそ、無限なる創造力を生み出します。
1月30日 真あるところに魂あり。 人が集まる、それは、真があるからです。

政治家に集まる、それは、利権です。

詩人の仕事とは、お金になりませんよ。

でも、善い人、善いご縁に恵まれています。

詩人の真とは、魂の磨き、清き感性なのです。
詩人の言葉|詩人|日向裕一

2018年月日 詩人の言葉 解説
12月4日 役職や名誉は我欲です。 志が真にあるならば純粋に生きる。

目の前の宝石が美しいと思えば、

我欲に生きてゆけば良い。

それが、私の誠の精神哲学であります。

どちらも人間なのです。

しかし、我欲を求めると不思議に失敗する。

私が学びをしているのは、我欲ではない。

自我が強い人間ほど、我欲の心と闘う。

その我欲を上手にするのが、世渡り上手。

志と信念こそ、日本国の若者に必要です。
11月7日 草莽崛起の者たちよ、沖縄にあり。 古い体制は、保守ではない。

真の保守は、新しくもない、古くもない。

我が草莽の志は、沖縄の魂にある。

第二の故郷、

沖縄の弦楽器が今でも聴こえる。

純粋に生きた音楽、それは、真心である。

我が志の果てに、常に沖縄が存在している。

今こそ、草莽の志で生きてゆこう。

我が夢は、敗者の存在しない地球の楽園。
10月4日 情熱の炎で世を照らす。 一人一人の志で立ち上がるときです。

強い者にこびず、我が信念で生きています。

我が詩人魂の炎は消えることがありません。

なぜならば、地球に多くの詩人がいます。

立ち上がろう、愛と平和の地球を実現しよう。

信頼関係、協力関係で新しき時代へゆこう。

善いつながりは、善い人生観となります。

私たちは勇者であり、同志一魂でもあります。
9月15日 一生、詩人、一生、職人魂です。 我が人生は、果てしなき道を歩んでいます。

その道には、困難・苦難もありました。

まだまだ、これからが我が人生です。

詩人は、お金に恵まれません。

ですが、善い人との心と愛が永遠にあります。

我が想いは、詩人の道を創ることです。

いつまでも、いつまでも、我が人生は詩人です。

詩人は、人に恵まれる最上の幸せです。

日々感謝、日々謙虚、我が職業は詩人です。
9月7日 公人である政治家の実力を問う。 政治家には志と信念があるのだろうか。

公人としての自覚と責任感はあるのだろうか。

政治家の情報公開として学歴・職歴がある。

そして、何よりも重要なのは、公約である。

公約なき政治家は、政治ではない。

しがらみあっての政治、クリーンな政治はない。

我が誠と正義は、公人としての実力を問う。

政治家もリーダーであり、発言の責任がある。

立場を守る政治は、公約なき政治でもある。
8月29日 地域改革は人間改革となる。 我が誠と正義は、人々を笑顔にしたい。

そのためには、真の町づくりが必要となる。

個人商店の活気こそ、地域を明るくする。

便利さを求める人々が悪いのではない。

規制緩和によって町も人も変わってきた。

このままだと日本人の愛する町は失う。

我が信念は、真の町づくりを実現したい。

そのためには、心豊かな人間になること。

我が高き目標は、商店街を実現したい。

今こそ、一人一人が意識改革するときである。
8月24日 我が弱き心は過去にある。 人生の最強のライバルは、私の心です。

時として過去を捨てる勇気も大切です。

そして、物事に執着することもありません。

みんな悩み・苦しみ・悲しみを体験します。

その苦労は、必ず、幸せの涙となります。

まずは、自分自身を信じてみましょう。

人の可能性は、宇宙のように広がる愛です。
8月18日 我が志を共に歩んで頂きたい。 国や行政が民間を失望させたら怒りとなる。

その怒りを燃やすことなく、人は人である。

しかし、民間あっての国や行政である。

我が志は、我が道に存在する情熱と夢である。

後世へ伝え残す、我が想いは、

目先の欲望や誘惑に負けず、強く歩みたい。
8月6日 世界平和を望むのは勇者である。 みんな、地球に生まれ育っています。

これ以上、憎しみ合っても意味はありません。

許し合うことによって平和の基礎になります。

人類に必要なのは、痛みのわかること。

その痛みがわかるからこそ、愛情があります。

地球という命は尊く、それに気づくときなのです。

人類は、地球に恩返しすること。

お金と物質の豊かさだけではなく、

今こそ、世界平和を望み、勇者となりましょう。

我が誠と正義は、我が心の中にも存在する。
8月1日 政治とは私的財産確保ではない。 議員所得は、税金で成り立っています。

無駄の多い政治家も存在します。

利権、私利私欲、私的財産確保の政治。

それが、正論で誠と正義でしょうか。

政治の役割は、民間のためであります。

民間の暮らしと生活が心豊かになることです。
7月27日 民の団結力が世界を変える。 私は、政治家になりません。

真に志と信念、力量は民間にあります。

甘くて誘惑の果実は、猛毒です。

しっかり時代を猛進すること。

それが、改革の基盤と基本だと思います。

ご心配なく、私は民の一人であります。

一生、無位無官だとしても、

私の誠と正義は、必ず、楽園へと導きます。
7月10日 時代を動かすのは、愛です。 ここまで来た人生、我が誠と正義。

一緒に時代を動かして、新しき時代へ。

挑戦者に負けはない、あるのは愛です。

一人一人の志を結集したのが同志一魂。

その熱い気持ちがあるからこそ、

我が愛には、嘘や偽りがありません。
7月2日 政治家の実力を問う。 特権階級である政治家は、

縦社会であり、最も実力が重要です。

公約なき政治家は、政治家と言えない。

真の政治家は、高き志と信念があります。

自費でクリーンな活動も重要です。

それが、政治家の鏡であり、真実なのです。

現代社会の政治家の多くは名誉欲です。

お金と名誉欲、そして、立場を守る政治です。

それが、現実の政治家の姿です。
6月27日 郷土の新しき時代を創る。 今こそ、一緒に決起しよう。

挑戦者に負けという言葉はない。

大崎上島の新しき時代を一緒に創ろう。

真のある信念こそ、誠と正義である。

本当の幸せは、常に心の中に存在している。

真のある志こそ、進めべき道である。
6月18日 クリーンなお金は、自費である。 助成金・補助金に目を輝かせる人々。

自費活動とは、真に尊い価値観であります。

国などからのお金に目を輝かせるのは、下品。

ならば、自分自身の能力・実力で稼ぐこと。

自費活動は、誰もができない活動であります。

だからこそ、評価は高く、誠と正義の誇りです。
6月9日 便利さは快楽である。 大崎上島は、橋を架けません。

犯罪率も高まり、治安が悪化します。

現代人は便利さを求め過ぎています。

日本には助け合い精神があります。

その精神論は、誠と正義です。

人と人との共演が不足している結果です。
6月3日 詩人とは愛情と感性です。 愛情は、すべての人々への真心です。

感性は、詩人としての無限大です。

この二つを修得するために言葉を磨きます。

詩人とは常に世の矛盾を強く感じています。

そして、愛と平和の世界観で生きています。

誰もが詩人の言葉を生むことができます。

思いやりの愛情は、深い海のように。

空の高さのように、詩人は宇宙観の愛です。
5月27日 買い物の自慢の政治家。 無駄が多い、実に無駄が多い。

政治家として個人ではなく公人であります。

公人としての実力が問われています。

お金と物質的なことよりも、

最も重要なのは、真心であります。

買い物の自慢をする政治家が多いです。

それで、真の政治と言えるでしょうか。

公人としての公表するべきことがあります。
5月20日 政治とは、意味ある行動力である。 政治家の中にも八方美人が存在します。

みんなに良い顔している政治家です。

政治家とは、志と信念の公約が命です。

その公約が明確な政治こそ、誠と正義です。

みんなに良い顔することは、自信なき政治。

政治家は公人としての強い責任感があります。

その責任感は、八方美人ではありません。

良い人と思われるために政治は存在しません。

今一度、政治家を見直し考えて感じること。

一般人の代表者が政治家です。
5月16日 我が志と信念を自分自身に常に問う。 人は、初心を忘れずに歩むことです。

常に志と信念を自分自身に問い、

果てしなき大きな夢へと前進してゆきます。

そして、飛耳長目で冷静な判断が必要です。

真に世の中を改善と改革することです。

我に問う、我が志と信念の燃える命。
5月13日 家系を重んじる伝統の美学。 ご先祖様、祖父母、親、兄妹。

過去、現在、未来のつながりは尊い。

誇りべきことは、郷土愛精神であります。

善の導きは、愛と平和、郷土に存在します。

ご先祖様からの家系に日々感謝しています。

新しき時代、新しき歴史を創ります。
5月6日 女性の品格は、出しゃばりではない。 日本女性の品格と美は、一期一会。

出しゃばりな女性は、下心があります。

強い女性と、出しゃばりな女性は違います。

そして、女性の美しさは外面ではなく、

心であり、心の素直な言葉に品格があります。
4月28日 本物の詩人とは病的である。 歴史に残る詩人の多くは、病的です。

私も心の病と日々の生活で死闘です。

真の心からの詩人は、 死生観で生きています。

詩人とは、不思議な感性もあります。

その感性で世の中の矛盾に苦しみます。

本物の詩人とは、

苦しみの沼から花を咲かせます。
4月19日 愛と夢は無限大です。 見えない未来に不安もあります。

そんなときこそ、愛と夢を信じましょう。

たしかに、現実は厳しいです。

でも、私たちには愛と夢の無限大があります。

その無限大へ挑戦する善い仲間こそ愛。

一緒に地球を楽園にしましょう。

私の大きな夢の一つは、生命の楽園です。

その楽園を創るために私も生きています。
4月10日 志なき政治は政治家ではない。 政治家としての自覚と責任感。

一般人の代表としての視点が重要。

議員バッチは、魔法ではありません。

政治家とは誠実と実行力が問われます。

民間のための民間による政治。

それが、民主主義の政治であります。

公約なき政治は政治家も名誉欲です。
4月5日 必ず、陽は昇り照らす。 あきらめない夢もあります。

その夢に向かう姿こそ誠と正義です。

もう一度、地球を楽園にしましょう。

宇宙の尊い愛によって平和になります。

新しい時代の音は、心の時代です。

愛と平和という名の旗は、真実の希望です。
3月30日 正直に生きて努力しましょう。 正直に生きることは、素直な心です。

その心に人が集まり、善い道となります。

善い道となれば協力者も存在するでしょう。

助け合い・分かち合い・支え合い。

人生とは共演の舞台でもあります。

今日から自分自身に正直に生きましょう。
3月26日 政治家は学歴と職歴が命です。 天才的な政治家は存在しない。

民間の判断には、学歴と職歴もあります。

政治家は公人であり、

公表するべき情報の一つが経歴です。

政治家とは一般人の代表者でもあります。

公人としての自覚と責任感は重要です。
3月16日 詩を描いて、詩を唄う、我が人生です。 まだまだ長生きしますよ。

我が詩人の魂は、生き続けます。

志ある者たちが立ち上がり、

新しい時代を創るときなのです。

私と一緒に同志になりませんか。

これからです。これからが桜が咲きます。
3月8日 心は地球観で生きてゆこう。 せまい価値観の中で生きるのではなく、

心は常に地球を感じて、広い心。

新しき時代を創る、その志を燃やしてゆこう。

同志たちと新しき時代を目指している。

心のエネルギーは、地球の愛でもある。

だからこそ、心は広く地球観で生きている。
3月3日 志ある者達よ困難を打ち倒せ。 たくさんの苦労があってこそ人生。

その苦労を乗り越えて世の中の真を問う。

志ある者達が結集すれば時代を創れる。

今こそ決起して、一緒に困難を打ち倒す。

新しい時代こそ真であり、誠と正義でもある。
2月25日 副作用とは理屈・理論ではない。 私は短期間で体重100キロになりました。

その後、体重が160キロとなり、大病。

死に直面するような大病と闘いました。

患者は完全治療のお薬を望んでいます。

中途半端なお薬、理屈・理論ではないです。

お薬によって、新しい病気になる現代医療。

一言で現代医療とは、ビジネスです。

善い医師とは、信頼関係が重要となります。

だから、理屈・理論ではないです。

善い医師とは、直観も重要となります。

勉強ができるから医師になったのは、

真の医師ではありません。
2月24日 ほとばしる燃える感性が詩人です。 詩人とは感性を磨き生きています。

世の中の矛盾と闘い誠と正義です。

そして、愛と平和で純粋に生きています。

後世へ伝え残す詩は、伝説ではなく、

真実という名の証となっています。
2月23日 政治家は一般人の代表です。

議員バッチとは、魔法みたいです。

先生、先生と言って頂きます。

ならば問う、先生とは何でしょうか。

現代の政治家は志も信念を感じません。

政治家とは一般人の代表者でもあります。

だからこそ、期待も大きくあり、

特権階級でもあり、発言力・発言権です。

実力と実行力、そして、公約が重要です。

真の政治を問うことは、誠と正義です。

私達民間の役割とは、政治を学ぶことです。

政治学こそ民間の能力としても重要です。

2月20日 政治家とは発言の責任があります。 政治家は公人としての特権階級です。

発言に強い責任があり、実力と実行力。

それを問うのが民間の役割でもあります。

実力と実行力がない政治は政治ではない。

真の政治家には言葉の重みがあります。
2月16日 善い人間関係は立場ではない。 人は大人になると肩書や立場を気にします。

立場というのは、プライドの一つです。

善い人間関係とは、立場の壁を乗り越えて、

みんなの笑顔が実現します。

時には、立場を気にしないことも必要です。

善い人間関係とは、善い相談員と同じです。

相談員の立場が上ではなく、同じ目線です。
2月15日 手本となる政治を望みます。 カッコイイ言葉よりも、

真実を語る政治家は少ないです。

政治家は発言力・発言権の特権があり、

言葉一つ一つに強い責任感が必要です。

政治家は、一般人の代表者です。
2月12日 地道に継続して努力することです。 信念の根っこを育てて、

地道に継続して努力すること。

それが、人生の開運になります。

今が困難・苦難だと言っても、

必ず、人生の道は開かれてゆきます。
2月11日 理想を信じられる社会。 夢のない若者が多い日本。

現実は厳しく、夢は夢物語。

夢は簡単ではありませんが、

その夢を信じられる心が教育基本です。

日本に最も必要なのは、大きな夢です。
2月7日 人が人を治す社会と愛。 勉強ができるからと言って医師になる。

そこには、愛を失望させています。

学問も必要ですが、愛こそ真実です。

愛は、宇宙の広がりです。

その遺伝子は、私たち人間にもあります。

すべての人々に愛を。

それが、真の医学、人間の基本です。
2月5日 政治家は自我です。私利私欲と利権。 人間、生まれときは、無心です。

人間、無我夢中に生きる人生が幸せです。

宇宙の営み、秩序があるからこそ、

愛と平和、そして、希望の社会へ。

宇宙も無心です。

人間の真を問いましょう。
2月4日 真の成功者とは、お金と物質ではない。 資本主義は貧富の差を生んでいます。

お金と物質も必要ですが、

命と魂は平等です。

豊かな真心こそ誠と正義です。
2月3日 悪道は、地球を暗黒にする。 政治家の権力は、

時として悪道となり、人々を悲しみにします。
2月2日 邪心を捨てなさい。

善道へゆきましょう。
人生、道に迷ったときは、

善の道を歩み、邪心・悪道を捨てましょう。
詩人の言葉|詩人|日向裕一








詩人の言葉|詩人|日向裕一