人生の道しるべ・日向裕一のキーパーソン





キーパーソン

時末義昭氏




1993年

(現)自然道館・館長・時末義昭氏(師匠)に出会う。

日向裕一(13歳)のときには他校・学校長であり、

20歳のときに自然道館にて書生として修業で学ぶ。

2000年・自然道館・修業・内容。

自然道館・真冬の修行・人間徳育コース修了。

師匠・時末義昭先生の自然道館にて書生として

仏教基礎、一週間断食、瞑想、陰陽学入門、社会奉仕、

バウム分析ビデオ講座、東洋医学基礎ビデオ講座、毎日散歩4時間以上、

瞑想ビデオ講座、カセットテープ講演講座、マクロビオティック。





キーパーソン

西村修氏




2006年

プロレスラー・西村修氏とインドで出会う。

日向裕一のコンディショニング・コーチとして

アメリカへ武者修行に行き、二人三脚の合宿をした。

一年間で4回の渡米・(フロリダ州・ジョージア州・ケンタッキー州・ニューヨーク州)

また、日向裕一が全国出版した著書「綺麗なサクラを咲かそうよ」をご推薦して頂いた。

今現在でもインドからの出会いを大切にして「永遠の友情」の絆である。

西村修氏は、現役プロレスラーでもあり、今現在は、東京都文京区議会議員でもある。

要職を歴任した(元)衆議院議員・亀井静香氏と、「至誠無我の会」を結成している。





キーパーソン

カールゴッチ氏




2006年

プロレスの神様・カールゴッチ氏とアメリカ・フロリダ州タンパにて一年間で4回の渡米で5回も会う。

直接、カールゴッチ氏から助言とご指導をして頂いた。

印象的な言葉として「男として誇りを持て、プライドを持て」である。

そして、お金とか物質ではなく、「真の誇りある男になれ!!!」と言って頂いた。

西村修氏の紹介でカールゴッチ氏、ドリーファンクジュニア氏など多くのレジェンドとアメリカで出会う。

アメリカの最大メジャー団体であるWWE・バックステージの視察もした。

トランプ大統領の親友であるWWE・会長・ビンスマクマホン氏にも会った。

日本人で最後にカールゴッチ氏と出会ったのは、西村修氏と日向裕一である。





キーパーソン

湯川れい子氏




エルヴィス・プレスリー、ビートルズを日本に紹介した世界の作詞家・音楽評論家。

ヒナタ文学にもご執筆して頂き、直筆の原稿をヒナタ文学堂に展示。

湯川れい子氏は、多くの国内外のトップアーティスト、

日本語に翻訳したディズニー映画の作詞も手掛けている。

世界を代表とする、世界の湯川れい子氏である。





キーパーソン

本多百代氏




NPO法人・武士道協会の副理事長・事務局長・本多百代氏と出会う。

日向裕一が本多百代氏の講義に感銘を受けた一人でもある。

今現在でも本多百代氏から武士道を学び、ヒナタ文学にもご執筆して頂いている。





キーパーソン

小野晋也氏




第10代・文部科学省副大臣・(元)衆議院議員・小野晋也氏と出会う。

日向裕一が小野晋也氏の講義をインターネットで聴いて心から涙を流し、

東京で開催されたNPO法人・武士道協会・新年会のときに行動力で出会う。

初めて出会ったときは、現役の文部科学省副大臣。

今でも尊敬する人であり、若き日の日向裕一が志を持てたキーパーソンでもある。





キーパーソン

吉田正裕氏




広島県・宮島の最古1200年の伝統文化歴史、

大本山・大聖院・座主・第77代・吉田正裕氏とのご縁。

日向裕一の人生にとっても大きな存在であり、

吉田正裕氏から日向裕一(28歳)のときにご推薦して頂いた。

その後、ヒナタ文学にも毎号・ご執筆して頂いている。

ヒナタ文学・1号からも応援をして頂き、

大聖院のホームページと相互リンクもして頂いている。

2006年・来日された14世ダライラマ法王の講演会と法話会に日向裕一も出席した。

大聖院・14世ダライラマ法王・「弥山開創1200年祭講演会」出席

大聖院・14世ダライラマ法王・「前行法話会」出席





キーパーソン

塩川正十郎氏




(元)財務大臣・塩川正十郎氏からNPO法人・武士道協会・特別協賛委員に認定して頂いた。

日向裕一(29歳)のときに認定して頂き、平成22年に委員会が発足して5年間の活動をした。

小泉内閣・発足時より財務相を務めた要職を歴任した(元)衆議院議員。

「塩爺」の愛称。





キーパーソン

西尾晴夫氏




2010年・PHP研究所・役員の西尾晴夫氏とNPO法人・武士道協会の会議で出会う。

会場・京都・PHP研究所にて初めて出会ったときの印象は、温厚で心優しく人情ある人。

PHP研究所・勇退後も西尾晴夫氏とのつながりを持ち、日向裕一も多くのことを学ぶ。

ヒナタ文学にもご執筆を頂いた。





キーパーソン

高橋寿実子氏




画家・高橋寿実子氏には、ヒナタ文学の普及部長を務めて頂いた。

日向裕一は、高橋寿実子氏とのご縁によって人生の扉を開けた。

大きな支えであり、日向裕一の良き理解者の一人でもある。

音楽・芸術などのつながりを持てたのは、高橋寿実子氏の力でもある。

ヒナタ文学に絵も提供して頂いている。





キーパーソン

布施晴朗氏




音楽・映像のプロデューサーなど幅広い活動をしていた。

布施晴朗氏との出会いによって日向裕一は、大きく飛躍できている。

人生と心の支えでもあり、日向裕一をプロデュースしていた一人。

布施晴朗氏は、地球観・広い世界観で活動していた。

世界に多くの人脈があり、日向裕一も多くの人と出会う。

布施晴朗氏は、「ヒナタパパ」としても家族のような存在だった。

ヒナタ文学の顧問としても助言も頂いていた。





キーパーソン

穂高健一氏




大崎上島・出身の作家・穂高健一氏。

著書「二十歳の炎」「燃える山脈」などの歴史小説の代表作がある。

穂高健一氏の著書「燃える山脈」は、

要職を歴任した(元)衆議院議員・谷垣禎一氏からのご推薦して頂いている。


ヒナタ文学にも大崎上島に関する思い出をご執筆して頂いている。

2014年・ヒナタ文学9号「心の島」

2018年・ヒナタ文学11号「魚屋の健ちゃん」


2016年

日向裕一が主催で穂高健一氏の講演会を古里・大崎上島で開催した。





キーパーソン

松村俊氏




株式会社ブレイン代表取締役・松村俊氏と出会う。

デザイナーの松村俊氏に

古民家・ヒナタ文学堂の「のぼり」をデザインをして頂いた。

日向裕一も松村俊氏と出会い、人生のアドバイスも頂いている。

独自の世界観での助言は、松村俊氏の「真の男と魂」にある。

日向裕一のライフ・デザイナーのような大きな存在である。

ヒナタ文学にもご執筆を頂いている。





キーパーソン

鈴木エドワード氏




2015年

世界の建築家・デザイナーの鈴木エドワード氏と出会う。

日向裕一がヒナタ文学のインタビュー取材でつながりを持ち、

鈴木エドワード氏の世界観と宇宙哲学に感銘を受ける。

デザインは「詩」であり、

宇宙は「愛」であるの言葉に日向裕一も共感した。

数々の賞を受賞している鈴木エドワード氏との出会いは、

日向裕一の人生観を明確にした。


プロフィール

ノートルダム大学・卒業(建築学士)

ハーバード大学大学院・卒業(建築学修士)

グッドデザイン賞など国内外の数多くの賞を受賞している。





キーパーソン

出口隆之氏




文部科学省が設立許可しました。現在の行政庁は内閣府。

公益財団法人・五井平和財団で永年・機関誌「平和の創造」の編集長を務めた。

この財団は、ユネスコ(国際連合教育文化機関)と日本で初の公式関係である。

国連・経済社会理事会「特殊協議資格」有するNGO。

五井平和財団は、国連との協力関係でもある。

また、五井平和財団の事業の一つとして毎年、五井平和賞がある。

五井平和賞の受賞者には、ビル・ゲイツ氏などの世界を代表とする人物が多くいる。


ヒナタ文学を五井平和財団の機関誌で紹介して頂いた。

出口隆之氏は、ヒナタ文学の推薦者の一人であり、

ヒナタ文学に応援の言葉をご執筆して頂いた。


プロフィール

永年・五井平和財団・機関誌・編集長。

業務ディレクター。

五井平和賞・推薦人





キーパーソン

岡本渉氏




筑波大学・物理学科卒業

高エネルギー加速器研究機構(文部科学省)

名古屋大学シンクロトロン光研究センター・専門技師

名古屋大学・宇宙地球環境研究所・専門技師

NPO法人「数学・科学技術推進協会」副理事長

アメリカ・ユタ州・火星砂漠研究基地・研究員

ヒナタ文学・リエゾン

ヒナタ文学・推薦者


ルーマニアに会社を設立するなど世界で活躍している。

台湾歌壇に所属している詩人でもある。


柔術道場トライフォース終身名誉会員

格闘家としては、ヨーロッパ選手権やアメリカ大会に出場。

おやじバトルグランプリ1位の実績と実力がある。

異種格闘技戦で国体のボクシング選手と対戦して
打撃を受けず数秒で倒した。


先代は、宮家・御所人形の伝統職人。江戸の伝統文化歴史。

ご先祖様は、愛媛県にある大洲城の城主でもある。






人生の道しるべ・日向裕一のキーパーソン