HOME >観光案内所 > 矢弓地区の歴史と文化

大崎上島・矢弓地区の歴史と文化


因幡屋(宮本家)には、貴族議員(華族)もいました。

旧大臣邸の望月家よりも、大崎上島町で最も栄華の豪商です。

幕末から明治時代には、船を38隻・保有し、蔵が7つもあり、安芸の国随一の廻船問屋でした。

北前船の寄港地で知られる北海道の松前まで航海し、隆盛を誇っていました。

因幡屋(宮本家)は、平家・木曾氏(清和源氏)の家系・血筋と伝われています。

子孫は、私(日向裕一)でもあります。




大崎上島町・大崎上島・観光・観光スポット・観光案内・観光案内所

豪商・名家・旧家・平家・木曾・木曾源・名士・有司・宮本家・因幡屋

栄華を誇った豪商・栄華・子孫・歴史・伝統・文化


広島県豊田郡大崎上島町東野・矢弓・矢弓地区・矢弓観光・ヒナタ文学・ヒナタ文学堂