HOME >観光案内所 > 海と島の歴史資料館・大望月邸

海と島の歴史資料館・大望月邸(旧大臣邸)・観光

望月圭介大臣・門下


大崎上島町と隣接する竹原市吉名・出身である池田勇人氏は内閣総理大臣となりました。

池田勇人氏の生家・池田家は望月圭介氏の支援者であります。

また、内閣総理大臣となった宮澤喜一氏の父・宮澤裕氏は望月圭介氏の秘書官を務めていました。

望月圭介氏の門下から二人の内閣総理大臣が誕生しました。

望月家・当主・望月東之助氏とは


望月家は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した豪商。

望月東之助氏には、四男四女がおり、その多くが政治への道へ行きました。

明治31年に初当選して以来、三男の圭介氏は衆議院議員13回連続当選。

圭介氏は「逓信大臣」「内務大臣」となりました。

現在の「海と島の歴史資料館」旧大臣邸(大望月邸)が生家です。








大崎上島町・大崎上島・観光・観光スポット・観光案内・観光案内所

大崎上島観光案内・海と島の歴史資料館・大望月邸