何もしない政治家|エッセイ|


現代は、インターネット社会でもある。

島内の放送を聞くと必ず、


「大崎上島町のホームページで確認してください」と言う。

ということは、やはり、政治家もインターネットを活用すること。

町のために政治家は、常に活動することが自覚と責任である。

何もしない政治家は、なぜ、立候補をするのだろうか。

私は、批判をしているのではなく、政治に興味関心がある。

なぜならば、政治とは、民間ではできない、政治家の特権の発言権がある。

お酒を飲んでる時間も無い。町のために、民間のために活動すること。

地域基盤があるから当選できるのであれば、それは、真の政治家ではない。

私は、本気に大崎上島町のことを考えて仕事と活動をしている。

何もしない政治家は、何の目的で政治家になって何の志と信念があるのか。

皆様にも政治に興味関心を持って頂き、真剣に考えて頂きたい。

 


HOME BACK