安心と勇気ある町|エッセイ|


現代社会にもイジメ、暴力、武力があります。

私は、大崎上島を安心と勇気ある町の実現を目指しています。

人は人です。現実の社会に、愛と平和はあるでしょうか。

みんな、幸せになるために世に産まれてきています。

現実は、お金、商業主義化になっていると私は感じています。

医療に関して言えることは、命の尊さです。

ロウソクの灯火に誓った純粋な気持ちを忘れないでください。

みんな、病気になりたくて病気と闘っているのではありません。

私も心の病になって健康と命に関して気づくことが多くあります。

真の医師とは、患者さんの話を聞くだけではなく、

真の人として必要なことがあります。

私は患者です。その立場から医師を感じると不満ではなく、

お互いが信じることです。

近年、心の病で苦しんでいる人々が多くいます。

様々な問題が日本社会にあるからだと私は確信しています。

アメリカ、西洋に憧れる日本人によって町も変化して、

さらに食文化も変わりつつあります。

日本は日本の伝統文化歴史を守り、前進してゆくことです。

私はスカイツリーとか高層ビルよりも、

大崎上島の豊かな自然あふれる日本人の故郷を愛しています。

私は、アメリカ、西洋文化を否定していません。

でも、日本は戦争も終わり、戦後に東アジアの平和と友好を祈り願っています。

どれだけ、何千回、何万回、とくに日本は東アジアにたいして、

お金と物質の支援と、土下座したら許しを得るのでしょうか。

日本という国も民主主義です。国民が主体となり愛国心を育むときです。

郷土愛、愛国心は、地球愛になると私は感じています。

日本という国にも暴力があります。


正義って何でしょうか。英雄って何でしょうか。

私達国民は、真を感じたいです。

警察官にも自衛隊にも、イジメがあるようです。

正義って何でしょうか。そして、武士道って何でしょうか。

人も許し合うことで心の平和になると強く私は感じています。

武力などによる戦争、イジメ、暴力は正義ではありません。

私も一人の人間として希望を捨てず、心も身体も健康体が目標です。

私も心の涙を流して生きています。

あなたにも涙があります。

涙の数だけ人間成長してゆきます。

皆さんにも笑顔と幸せがあるように私は祈ります。


 


HOME BACK