実力と自信の日向裕一|エッセイ|


大手チェーン店が独占する町と市。

私は、個人商店こそ、今の日本国に必要な街づくりだと確信しています。

大崎上島町、竹原市の商店を守り、さらに発展してゆきたいです。

このままでは、本来あるべき日本の町と市は無くなります。

そこで、私は、実力と自信ある町と市を実現化するために活動を強化します。

さらに、地元の商店、飲食店と一緒に街づくり計画を考えます。

私は、政治家になりません。私は、一生、詩人として生きてゆきます。

民の力、真の民間での街づくり推進をして、大崎上島町と竹原市を前進します。

人口減少している現実もありますが、一人一人の力を結束するときです。

私も、地元を愛しています。みんなで助け合って、支え合う街づくりをしましょう。

今後とも「実力と自信」の日向裕一を熱く応援を宜しくお願いします。

 


HOME BACK