ふるさと再生・大崎上島|エッセイ|


私は、「ふるさと再生・大崎上島」をテーマに改革しています。

広島県大崎上島は、まさに、新しい時代を動かす時期です。

なぜ、ここ何十年、大崎上島は、発展できなかったか。

それを考えたとき、私は、ふるさと再生を信念にしました。

時代とは、常に変革の時があり、それは、愛の維新です。

愛、それは、すべての秩序と歴史にあり、人類の課題です。

大崎上島が発展しなかった時代の終焉は、まさに、希望です。

だからこそ、私たちで郷土愛によって改革してゆきましょう。

真あるところに、善い仲間の存在が多く、全国ネットワークです。

私は、地道に全国ネットワークを確立するために生きています。

そして、世界へと発信できる土台づくり・地域基盤づくりです。

過去の栄光ではなく、時は変革してゆき、新しい時代となります。

私は、純粋な想いで郷土愛・大崎上島に恩返ししたいです。

そのためには、詩人の道を一生懸命に努力してゆきます。

私は、詩人として命を授かり、愛と勇気、そして、平和への道。

愛と勇気の大崎上島を創り、真の誠と正義で時代を動かす。

そのためには、私も善いご縁・善い出会いに日々感謝です。

みんなの大崎上島を大きく大きく発展してゆき、真の離島です。

民間・行政・政治の三位一体を実現化してこそ、真となります。

ですから、町議会議員の先生も行動力と勉強が必要なのです。

お山の大将では、社会的評価は、最も低く、政治家の政策を重視。

「政策なき政治家は、政治家ではない」と、私は強く感じています。

町議会議員の先生は、常に勉強して、大海を知り、大海に気づく。

この離島社会で満足することなく、己に厳しく、感謝と謙虚です。

時代は動き、変革の時、私たち民間も立ち上がり、郷土改革です。

まさに、大崎上島を改革することが、最も優先するべきことです。

私は、詩人の道を継続してゆき、心豊かな自然愛の離島を創ります。

政治家は、政治家としての日本人の自己確立が最も重要です。

日本人としての誇り、愛と勇気、あふれる希望の大崎上島の実現へ。

私は、一生、一般人の民間レベルで生きてゆき、職業は詩人です。

 


HOME BACK