仕事と向上心|エッセイ|


私は、詩人、文学者として感じることがあります。

それは、仕事、活動、勉強の熱意と情熱です。

あらゆる分野の勉強と総合力は、人間成長です。

つまり、仕事ができる人は、行動力があります。

指示されて仕事をするのではなく、自主的なのです。

自主的な意識の中で常に人間成長できることです。

私たちは、仕事と向上心があるからこそ、幸せです。

そして、仕事にたいしてのプライドと誇りも大切です。

だからこそ、私は、詩人としての感性を磨いています。

そして、便利屋ではなく、真の総合力の仕事意欲です。

つまり、真のプロフェッショナルとしてのプライドです。

単純に、お金を稼ぐだけではなく、真にプロであること。

プロとは、お金だけではなく、才能と努力であります。

だからこそ、仕事は、お金を稼ぐといった単純ではない。

もちろん、お金も尊い価値観、お金も重要なのです。

しかし、せっかくの人生を楽しく幸せに希望でありたい。

そのための仕事であり、私は詩人としての証なのです。

仕事は、美意識と向上心で成り立っていることです。

せっかくの人生、大好きな仕事を継続してゆくことです。

私も詩人の道を創り、常に勉強して向上心であります。

解き放つ詩人の感性には、新しい価値観を生み出します。

それが、私の生きる道でもあり、詩人の表現であります。

決まったことだけをこなす、それは、美意識がないです。

仕事とは何か、社会人としての資質向上が重要なのです。

私も一生懸命に仕事、活動、勉強を楽しく学び続けます。

 


HOME BACK