仕事の流儀|エッセイ|


仕事とは、自覚と責任であり、過去の栄光ではない。

つまり、今と未来が大切な価値観であります。

そして、仕事にたいする情熱・熱意が重要であります。

私は、あらゆる仕事と地域活動をしています。

すべては、自分自身の人間成長のためであります。

そして、私は利益優先ではなく、善いご縁を大切にします。

仕事とは、社会人としての一般常識と専門性であります。

それが、仕事にたいする向上心になり、能力社会です。

今現在の日本国は、実力社会・能力社会となっています。

この価値観は、アメリカ、イギリスであり、国際的な基準です。

ですから、日本国の仕事も変革してゆき、新しくなります。

そして、日本人とイギリス人は、仕事上は相性が良いです。

ということは、国際社会に向けて、世界発信が重要です。

世界発信としては、インターネットの活用であります。

私が十代の頃に、シリコンバレーに憧れた時期でした。

中学生の頃に、私は独学でHTML言語を習得しました。

インターネットビジネスが世界中に広まった時期です。

ですから、私も世界発信ができるように日々勉強です。

私の「仕事の流儀」とは、何事も真剣に継続することです。

継続は力なり、それが、私の仕事意欲でもあり、原点です。

今と未来の道を創り、新しい未知なる可能性へと前進です。

 


HOME BACK