戦後七十年の命|エッセイ|


日本国は、戦後七十年になった。

尊い命が消えた戦争。

私も戦争に反対している。

国民が犠牲となり、勝者は英雄国となる。

私は、根本的に戦争をすることが心苦しい。

地球の中で憎しみ合っても無意味な戦いだ。

教育では平和、道徳などを学ぶ。

政治と民間は、いつの時代になっても矛盾している。

そして、武器も違う争いで強者は威張っている。

私も戦争という暴力に反対。

政治という権力は、時として恐怖である。

日本国は、戦後七十年の命を学び続けて世界へ発信。

人は人である。だからこそ、地球の平和が一番である。

武力での平和は無い。武力での解決は無い。

みんな一つの命と魂を授かって産まれてきた。

世界が戦争やテロなどあるからこそ、

憎しみの無い道を選ぶべきだと感じる。

すでに時代は、地球人。地球の平和こそ、命の輝きでもある。

カッコいいこと、都合の良いこと
ばかり美化しないで戦争の無い地球へ。

あなたも
戦地・戦場に行くのですか。


 


HOME BACK