好きな人と嫌いな人|エッセイ|


ある人に「あなたと、かかわりたくない」と、私は言われたことがあった。

私は、その瞬間に心が傷ついた。今でも言葉が頭の中に残る。

母親に相談したら「そんな人と無理にかかわらないで良い」と言われた。

私は、なるべく距離ではなく、拒絶反応である。

これが、好きな人と嫌いな人が存在する人間社会の基本だと感じた。

要するに八方美人になって、誰からも好きだと想って頂く必要はない。

だから、気にすることなく、私の人生を幸せ家族で歩んでいる。

悪口、陰口を言う人達は、さみしい心、貧しい思いやりのない心がある。

私の信念は、善いご縁を結び、人と人とのつながりに可能性を感じている。

「あなたと、かかわりたくない」という人には、ほっとけば良いと思う。

私には、幸せな家族・家庭があり、大きな支えとなっている。

私は、心穏やかに人生を楽しんでいる。好きな人と一緒に夢実現へ。

そして、愛される人になることも幸せであると私は感じている。

私自身も善を信じて一人でも多くの方々と希望へ向かってゆきたい。

 


HOME BACK