仕事の流儀|エッセイ|


私は、たくさん、たくさん、お金を稼ぎます。

一生、私は、社会奉仕と自費活動をします。

それは、私自身の仕事と活動の原点であります。

だからこそ、私も一生懸命に情熱の魂です。

お金と物質を超えた価値の大発見をしたい熱意です。

世の中の価値基準は、お金と物質と名誉であります。

私の考えは、善の道、それが、詩人の価値観です。

もちろん、お金と物質も尊い、それは、理解しています。

ですが、真の人生観とは、善い言葉、善い道であります。

要するに、お金と物質、精神世界の安定が重要です。

そして、物事に対して執着心を無くし、中道が詩人です。

中道を歩くと、いろいろな景色に出会い、心豊かです。

私は、お金を稼ぐことは、社会奉仕、自費活動の継続です。

今、すごく私は楽しくて、今、すごく私は幸せなのです。

人々は何かに属することで安心・安全を得ると思います。

私は、その価値観を否定しませんが、私は私です。

要するに、真の安心・安全とは無いと感じるのが自然です。

自然の中で生きることは、地球観、宇宙観、そして、死生観。

私には、様々な苦難・困難が多くあり、難病でもあります。

ですが、その試練を乗り越えたとき、死生観を得ました。

その死生観があり、人の幸せが深く広く体験をして気づきました。

私は、お金を稼ぐことは、名誉欲でもありません。

人は人、だからこそ、私にも生きる証と続く道があります。

そして、人と人との間には、思いやりの心、真心だと感じます。

ですから、私は、難病の心の病でも悲観的ではありません。

世の中のシステムは、政治経済で成り立っているのです。

しかし、人は人、どんなに大きな家に住んでも、人は人です。

お金、物質、名誉、名声、地位とは、人間の欲望であります。

どうして争いが起こり、地球は平和にならないのでしょうか。

貧困層は時代の敗者、それが、正しいとは強く思えないです。

私の大きな夢とは、日本代表の詩人へ志してゆきます。

そして、一人でも多くの子供たちに、ポエムをプレゼントします。

地球上の子供たちには、みんな幸せになってほしいです。

それが、私の大きな大きな夢、そして、仕事の流儀です。


 


HOME BACK