政治は実力社会|エッセイ|


政治は実力社会・能力社会の鏡であります。

年功序列ではなく、真の政治に期待しています。

私たち民間は、政治家を手本に暮らし・生活です。

ですから、私たちに学びある政治経済を教授してください。

身近な政治家で言えば、町議会議員の先生であります。

しっかりした政治経済を実践的に活動してください。

大崎上島町は、すでに新しい離島社会へ歩んでいます。

そして、町議会議員の先生は、島のリーダーであります。

何度も言いますが、大崎上島町の未来への道が必要です。

島の中だけではなく、大海という未知なる世界もあります。

大海を知らず、世は語られないと、私は強く感じます。

この地球上には、たくさんのリーダーが存在しています。

だからこそ、町議会議員の先生は、自覚と責任が重要です。

私たち民間に教授して頂き、政策と公約を実行すること。

それが、町議会議員の先生という名の政治家の役割です。

政治家の役割とは、リーダーとしての行動力であります。

そして、公人であることの意味を強く責任感ある行動です。

政治家の生活第一ではなく、私たち民間の暮らし・生活。

ですから、政治家自身の富と栄光ではないと思います。

現代社会の政治家は、お金集めに忙しいことが疑問です。

政治には、お金がかかる、当たり前のことであります。

だからと言って、お金集めするのは、商売人だと思います。

お金と政治ではなく、もっと人間として大切な真心です。

政治家としての信条・志・信念が重要だと強く感じます。

私たち民間も一生懸命に努力して、地域活性化します。

大崎上島町の未来と将来性は、政治家の行動力です。

そして、公人であること、その自覚と責任を強く問います。

政治は実力社会であり、しっかり議会で討論・議論すること。

私たち民間は、町議会議員の先生を真剣に見ています。

 


HOME BACK