大崎上島の将来性|エッセイ|


私は、大崎上島の将来性を常に考えています。

やはり、島のリーダーが積極的に活動することです。

町議会議員の先生は、お酒を飲んでいるヒマはない。

大崎上島の現実を直視して、政治家の行動力です。

要するに、島のリーダーとしての自覚と責任が大切です。

大崎上島町の財政は、とてつもなく厳しく困難です。

助成金・補助金・税金に目を輝かせる時ではないです。

私は、今こそ、全員営業だと強く強く感じています。

日本国は、正直、景気回復していなのが事実です。

ですから、この困難・苦難を一緒に乗り越えてゆくこと。

だからこそ、町議会議員の先生は、行動力が重要です。

まずは、活動報告を公式に伝えることが大切であります。

何度も言いますが、政治家としての品行・品格も重視です。

今の現状では、大崎上島の将来性が見えてこないです。

もっと真剣に、もっと熱く大崎上島の将来を考えることです。

議会だよりにしても、視点と論点がズレていると思います。

今するべきこと、それは、政治家の政策と公約であります。

大崎上島町は、橋を架けない・橋は不要へ前進しています。

だからこそ、島内だけではなく、大海を知ることであります。

議員所得は、人と町のために使う尊いお金だと感じます。

そして、仲良し関係ではなく、議会で討論・議論も重要です。

何のための議会なのでしょうか、今一度、考えてください。

議会とは、民間から選ばれた政治家の特権であります。

私も真の民間リーダーになるために努力しています。

そして、詩人・文学の道で大崎上島を愛しています。

誰にも負けない郷土愛精神で生きて表現してゆきます。

私は、批判ではなく、真剣に熱く将来を考えています。

すべては、大崎上島の将来・未来を創るためであります。

一緒に大崎上島を盛り上げて、小さな楽園を実現しましょう。

 


HOME BACK