大崎上島町の観光名所|エッセイ|


私が住む大崎上島町東野矢弓地区には、望月圭介大臣の生家があります。

離島から大臣が誕生したことは、大崎上島町の誇りです。

帝国時代の大臣は、まさに名誉があり、大志を抱いています。

我が家も旧大臣邸・望月家とのご縁がある家です。

私は、望月圭介大臣のドキュメンタリー、映画、ドラマを制作してほしいです。

大崎上島町に来られたら旧大臣邸・海と島の歴史資料館にも来て頂きたいです。

また、望月公園には望月圭介大臣の銅像も建てられています。

代々・我が家の土地でした。瀬戸の景色を眺めると二子島も見ることができます。

そして、矢弓地区は、民話・宮島伝説の厳島神社もあります。

我が家のヒナタ文学堂は、旧大臣邸・海と島の歴史資料館から徒歩二分です。

文学堂には、特産品だけではなく、展示品などもあります。

多国籍の雑貨などの展示もしています。イベントを開催・参加などもしています。

また、文学堂は観光案内所・休憩所(飲み物なども有)・憩いの場・フリースペースです。

私は大崎上島町でも矢弓地区が最も観光の場所だと強く感じています。

皆様も矢弓地区に来て頂き、歴史を感じて頂ければと思います。

矢弓地区からの夕日も綺麗です。夕日スポットもあります。

大崎上島町の観光は、大臣誕生の地、東野矢弓を宜しくお願いします。

 


HOME BACK