政治家の仕事と活動|エッセイ|


大崎上島町は、中国新聞で「提言」の募集をしています。

なるほど、町議会議員の先生は、提言がないのです。

島のリーダーとしての自覚と責任は、中途半端です。

メディアを使って「提言」の募集するのは、弱腰政治です。

もっと真剣に、もっと熱く政治家としての仕事と活動です。

現実の町議会議員の先生は、政策・公約もありません。

皆さんに問いたいのは、政治家としての能力であります。

これが、現実の大崎上島町の姿だとしたら将来はないです。

町議会議員のレベル向上こそ、現実の問題と課題です。

政治が失望させたら社会は、成り立たないほど痛いです。

「提言」とは、町民に求めるのではなく、政治家の役割です。

議会だよりにしても、視点と論点が現実とズレています。

また、町議会議員の先生は、全員が活動報告はありません。

政治には、お金がかかる、それは、当たり前のことです。

当たり前のことができない、本当に政治家と言えますか。

議員所得は、政治家の生活費ではなく、人と町のためです。

町議会議員の先生は、人材不足が現実ではないでしょうか。

 


HOME BACK