福祉の適材適所|エッセイ|


残念ながら、福祉の適応能力がない人も存在します。

私は、トップの判断と決断が重要なことだと感じます。

世の中は、実力・能力社会であり、それが、現実です。

過去、私も、いじめグループによって職を失いました。

職を失うのは、残酷なことであり、仕事意欲も失う。

私の場合は、過去に調理師として店長候補だった。

だからこそ、いじめグループの嫌がらせは残酷なのです。

しかし、職を失うことは、一つの理由もあると思います。

それは、適応能力がない人、それが、福祉であります。

排除するのではなく、福祉の適材適所を考えた決断です。

私は、命がけで闘い、これは、福祉としての命であります。

今現在、私は、詩人・作家などなどして、すごく忙しいです。

ありがたいことでもあり、私は、世界の文学が大きな夢。

ですから、調理師として働いていた経験は、前向きです。

私のように職を失った人は、たしかに、悲しみなのです。

しかし、時には、トップの判断と決断によって解雇です。

私も傷つき、悩み、苦しみ、そして、悲しみの渦でした。

福祉の職員には、理不尽な人も存在するのです。

これは、社会的な問題でもありますのでトップの判断です。

福祉の研修・勉強会だけでは、傷ついた人々は残酷です。

私の想いに多くの方々が気づき、福祉を改善しましょう。

 


HOME BACK