大崎上島の福祉|エッセイ|


私は、大崎上島の福祉を常に考えています。

福祉という仕事は、全国的にも人手不足です。

ですが、海外労働者は、地域の治安悪化します。

日本には、日本ブランドの誇りとプライドがあります。

アメリカと同じ社会構造にしなくても良いです。

日本には、伝統文化歴史があり、それが、秩序です。

この秩序を守ることも重要な価値観なのです。

たしかに、福祉の所得増加計画も現実の課題です。

福祉とは、税金を多く使い、ビジネスとは少し違います。

ですから、大崎上島の福祉も自立的な営業力が必要です。

補助金・助成金を有効に活用することが望ましいです。

私は、福祉の職員の全員営業が最も重要だと思います。

そして、地域との善いつながりを創り、連携強化です。

偏見や差別は、知らないから存在する負の考え方です。

それを、解決するためには、地域交流の場が必要です。

要するに「同情」ではなく、真の人と人とのつながりです。

隠す気持ちは、私の難病の心の病なので理解できます。

人は人、その人権があり、認め合いの社会づくりです。

福祉の職員にも能力・実力が常に問われています。

だからこそ、大崎上島の福祉とは、改革・改善が必要です。

私も詩人として福祉の分野を学び、社会貢献したいです。

 


HOME BACK