地域発信と地域基盤|エッセイ|


私は、地域発信を積極的に活動しています。

マスコミメディアだけではなく、インターネット活用です。

世の中は、時代の変革しており、時代は動いています。

しかし、地域基盤のないことによって困難もあります。

まずは、大崎上島という離島に根づいた発信力です。

そして、地域基盤を強化することによって前進します。

いきなり世界への発信ではなく、島内の基盤強化です。

ですから、人と人とのつながりを、私は重視しています。

マスコミメディアを完全否定しませんが、課題もあります。

今までに大崎上島は、マスコミメディアで多く発信です。

ある意味において自己満足、一歩通行な情報です。

真の発信とは何かを、私も常に感じて考えています。

注目されることではなく、地域性の発信であることです。

現実の地域性とマスコミメディアは別だと私は思います。

ですから、何度も言いますが、島内改革が重要なのです。

私は、地域発信をして、様々な気づきに直面しています。

まずは、大崎上島を知ること、それが、大切であります。

私も日々学び、一人の島民として地域発信しています。

変革の時代、私のできること、可能性を表現したいです。

その可能性は無限大であり、みんなの大崎上島へ。

地域改革は、まずは、大崎上島の地域性を知り気づくこと。

 


HOME BACK