政治家の仕事|エッセイ|


政治家の仕事は、民間にできないことです。

私たち民間の手本となる政治であります。

そして、政治家は誠実の人柄が重要です。

特権階級に位置する公人が政治家です。

ですから、発言力・発言権が重要なことです。

議員所得とは、生活費のためではありません。

お金は、自費活動として社会貢献活動です。

地元のために、私的財産を使う、それが、政治。

私は詩人として町議会議員の先生を感じています。

残念ながら活動報告が、まったくありません。

もっと真剣に、もっと熱く、議会で討論してほしい。

大崎上島町の財政は、悪化・赤字であります。

そして、助成金・補助金ではなく、全員営業です。

私たち民間にできないことを実行することです。

政治家としての自覚と責任感が重要とされます。

公人とは、民間の立場と、まったく違います。

だからこそ、実行と信頼ある情熱が重要なことです。

大崎上島町の今と未来を創るために、行動あるのみ。

このままだと事実上、大崎上島町は衰退します。

私は一人の島民であり、詩人の感性で生きています。

今するべき課題・問題を直視て行動してほしい。

みんなに良い顔する政治ではなく、実力・能力の政治。

実力と能力の政治が、現実的に問われています。

町議会議員の先生は、大崎上島町のリーダーです。

私は、心の病の難病と常に自分自身との闘いです。

ですから、生きる意味を政治家は、教授してほしい。

この離島社会を愛する政治家の情熱を感じたいです。

大崎上島町と共に明日へ未来へ前進してゆきましょう。

私も詩人として熱く熱く町議会議員に期待しています。

 


HOME BACK