両親の愛情たっぷり|エッセイ|


私の人生で尊敬する人は、両親です。

今、私は楽しくて、とても、幸せに恵まれています。

難病の心の病を悲観することなく、夢へ目指しています。

そして、私には志と信念、希望の日々で歩んでいます。

自己課題も多くありますが、両親の愛情たっぷりです。

私は、両親の支えに日々感謝して、未来へと歩んでいます。

我が家は、お金基準ではなく、心と愛情の暮らし・生活です。

古里・大崎上島での暮らし・生活は、心豊かな日々です。

恵まれた日々、私は詩人の道で希望に満ちあふれています。

毎日、私も仕事、地域活動、勉強に忙しくしています。

あらゆる学問を通じて、私も人間成長して気持ち楽しいです。

精神障害を悲観するのではなく、病気を理由にしたくないです。

私も難病と闘って、試練を乗り越えて、幸せを手にしました。

一生、私の難病の心の病が完治しなくても、明日へ明日へ。

古里・大崎上島を楽園へと導くためには、善い仲間を増やします。

私の人生観は、善は善の道、それが、愛と平和であります。

そして、私は、たくさん、たくさん、お金を稼ぎ社会貢献します。

お金も善のために使い、世の中が少しでも改善してほしいです。

様々な意見、様々な視点もありますが、私は私の人生観です。

愛に満ちあふれた人生、私は日本代表の詩人になります。

そのためには、一生懸命に努力して感性を磨いてゆきます。

果てしなき大きな夢へと、少しずつ、私も熱意で歩んでいます。

現実は、とてつもなく厳しいけど、私は困難・苦難に打ち勝ちます。

お父さん、お母さん、ありがとうございます、私も愛情たっぷりです。

 


HOME BACK