維新の決意|エッセイ|


私は、広島県大崎上島を維新の決意で前進してゆきます。

この離島社会の秩序と歴史を守り、愛の広がりです。

私は詩人として感性を磨き続けて、大崎上島維新を実現へ。

その決意は、詩人の涙でもあり、誰にも負けない郷土愛精神。

今こそ、同志たちと一緒に果てしなき愛の広がりへと歩みます。

私たちは負けません、なぜならば、挑戦者の美学です。

新しい時代の音が大地に響き、新しい道を開くときなのです。

私は詩人としての感性と創造力で維新の愛を表現してゆきます。

そして、一人一人の志を一つにして、同志一魂です。

詩人とは、職人であり、詩人とは、愛と平和の表現者です。

その感性を磨いて、最高な人生、最高な朝日と夕日を感じたいです。

私は、大きな夢へと静かに歩き、どんな困難・苦難にも負けません。

大崎上島を楽園へと導く、私の意志と熱意で時代を動かします。

この島を愛して、愛されて、私も幸せに生きて日々感謝しています。

私は、大崎上島維新こそ、誠と正義だと強く強く感じています。

皆さん、このままの現状で良いですか、一緒に明日へ歩みましょう。

明日へ、未来へ、私たちの想いを結集して、新しき時代へ。

私も日々努力して、一生懸命に生きてゆき、夢の続きを感じたいです。

あなたを必要としています、一緒に大崎上島維新へと前進しましょう。

 


HOME BACK