信頼と実行の島|エッセイ|


私は、信頼と実行の島づくりとして活動をしています。

まず、子供たちに悪影響する環境犯罪のない町。

大人の犯罪は、悪道であり、子供たちに悪影響します。

自然も町も、人々が創って、表現しているのであります。

だからこそ、子供たちに優しく、愛のある島づくりです。

そして、私は、広島県大崎上島の治安も重要だと思います。

国際社会へと前進するのは賛成ですが、犯罪率を防ぐこと。

外国人労働者と、地域における治安、それが、課題です。

私は、大崎上島を楽園へと実現するために活動しています。

そのためには、多くの協力者を増やすことを実行します。

信頼と実行の私は、全国ネットワークの確立も目指します。

どこの地域にも課題はあり、その課題を改善したいです。

将来の日本のために、子供たちに悪影響しない町です。

犯罪とは、大人からの悪影響があり、大人の教育も重要です。

だからこそ、安心と安全の島づくり、町づくりを前進します。

正しく、クリーンな大人は、残念ながら存在しない世の中です。

完璧な大人が存在しませんが、純粋な理想と希望は必要です。

だからこそ、子供たちに愛と勇気ある島づくり、町づくりです。

お金で愛は買えない、お金で心は買えない、それが、基本です。

その人間基本を確かなる教育基準として前進する決意です。

私は、いつまでも、純粋な気持ちを忘れずに詩人として歩みます。

大人の矛盾が見える世の中ですが、善い大人も多く存在します。

政治と利権ではなく、愛と心のつながりは、善の道であります。

私も善の道を歩み、島の子供たちと一緒に学んでゆきます。

 


HOME BACK