私の仕事とは何か|エッセイ|


私の仕事は、広島県大崎上島を楽園へ導くことです。

その気持ちは、誰にも負けない大崎上島への愛。

私は、愛こそ、すべての原点だと信じています。

この島は、心豊かな自然と景色が見どころです。

とくに、景色は、心の癒しとなり、なつかしき感性です。

世の中は便利さを求めて何かを失ったり、忘れます。

そんな時代で大崎上島を小さな楽園へと実現したいです。

また、島内の交通も不便、それを解決してほしいです。

人々に優しい町づくり、個人商店を中心での町づくり。

そして、政治と利権ではなく、愛と心の大崎上島町へ。

私たち暮らし・生活は、地元の産業が支えています。

だからこそ、即戦力の雇用、所得格差のない雇用です。

大崎上島は、すべてにおいて、心豊かになることです。

私は、詩人の感性で常に学び、常に島の現状を感じています。

そして、教育・福祉・医療・産業・文化の発展を望みます。

今こそ、私の仕事である大崎上島維新で行動してゆきます。

現状の大崎上島こそ、維新力が重要だと私は強く思います。

しっかりとした信念、熱き信念で大崎上島の未来を考えています。

どこの町も同じではなく、大崎上島という島の個性です。

私は、この島を心から愛して、愛されて人生を歩んでいます。

誰にも負けない郷土愛精神で大崎上島を楽園へと目指します。

善いご縁・善い仲間、同志たちと、同志一魂で頑張ってゆきます。

 


HOME BACK