維新の果てに|エッセイ|


私は、大崎上島維新として新しき時代を創ります。

そのためには、島に橋を架けないことであります。

橋の不要な大崎上島は、すでに時代が動いています。

私は、志と信念で生きて、熱き維新を信じています。

みんなで大崎上島維新を猛進させてゆきましょう。

そして、私は、大崎上島を改革することを決意します。

私たち民間の立志こそ、みんなの誠と正義であります。

誰が橋を架けると言ったのか、それは、責任重大です。

大崎上島の秩序を死守してこそ、郷土愛精神であります。

私は、新しい時代へと導くために日々努力しています。

このままだと、私たちの大崎上島は、衰退してゆきます。

だからこそ、私は一人で決起して、多くの同志が存在します。

その名は、同志一魂であり、誠と正義に燃えています。

私たちの愛する大崎上島を死守してこそ、真の正義です。

真こそ、私の理想であり、真こそ、現実の感性であります。

私は、同志と一緒に大崎上島維新を大成功させてゆきます。

愛、それは、すべての原点であり、愛の心で生きています。

私は、熱意ある維新こそ、真の時代を確立できると感じます。

恐れることはない、この道に、維新の果てに夢の続きあります。

我が草莽こそ、たとえ、無位無官でも生き続けてゆく大和魂。

 


HOME BACK