挑戦者の美学|エッセイ|


私は、大崎上島を新しい時代へと実現したいです。

現状は、民間・行政・政治の三位一体が目標です。

そして、改革こそ、今の大崎上島という島に必要です。

一人一人が高き志に生きて、新しい時代を創造すること。

とくに、様々な人々が来ますので治安の安全・安心です。

犯罪のない、大崎上島としての誇りとプライドも必要です。

そして、お金基準ではなく、愛と心を育てることも重要です。

日本国は、景気回復していない、私は強く感じています。

私は、挑戦者の美学として大崎上島を楽園へと導きます。

そのプロジェクトは、将来的に、日本国も楽園へと前進します。

だからこそ、そのためには、一人一人の志を結集すること。

私は、情熱の詩人として果てしなきロマンに生きています。

今こそ、今こそ、新しい時代へと舟を進めて、楽園を実現へ。

どんな困難・苦難にも負けることなく、信念で生きています。

その信念は、詩人の魂からの言葉であり、私は詩人なのです。

善い仲間、善いご縁こそ、私の信念であります善の道です。

信念は、善は善の道、人生に迷ったときは、善を信じることです。

私たちは、大崎上島に橋を架けず、あらゆる挑戦をしてゆきます。

この島に必要な課題とは、人材育成と即戦力の育成です。

とくに、政治家に関しては、能力を磨いて、常に勉強すること。

私も、あらゆる分野の勉強、勉強、猛烈に勉強してゆきます。

我が情熱は、大崎上島を熱く感じて、常に挑戦者としての根性です。

 


HOME BACK