桜咲く季節|エッセイ|


私は、現状の大崎上島町と竹原市を考えています。

まず、人材不足、それが、大きな課題となっています。

私は、大崎上島町と竹原市を活動拠点にしています。

そして、郷土・広島県を心から愛して活動しています。

誰にも負けない郷土愛精神で前進、前進あるのみです。

桜咲く季節、私も愛する大和魂・日本国を想っています。

今の日本国は、民間を苦しめて、税金の無駄遣いです。

私たち民間が立ち上がり、新しい時代を創るときです。

まさに、大崎上島維新を実現化して、民間主体です。

私たちの愛する日本国のために、お役立ちをするときです。

だからこそ、志と信念を一つにするときだと私は強く感じます。

今の日本国は、間違っています、はっきり言って矛盾です。

しっかりとしたリーダーが求められている時代です。

私も真の民間リーダーを志して強い意志で前進しています。

現実の民間の暮らしと生活は、ますます困難・苦難です。

今こそ、今こそ、桜咲く季節で立ち上がるときなのです。

世の中の矛盾、現代社会の矛盾、大きな課題があります。

皆さん、今の日本国は、正しいですか、このままで良いですか。

私は、大崎上島町と竹原市を改革と改善してゆきます。

一人一人が勇者となり、ふるさと改革が重要なときだと感じます。

私も一生懸命に大崎上島町と竹原市で活動を頑張ります。

一緒に、善い仲間となり、ふるさと改革してゆきましょう。

 


HOME BACK