命燃やして|エッセイ|


私の志は、命燃やして生きています。

心の病の難病にも負けず、大きな夢へ。

私の大きな夢は、日本代表の世界詩人です。

そして、地球上の詩人たちと語り合いたいです。

私は、地球を楽園へと導くために生きています。

そのためには、大崎上島を楽園へと実現します。

これからの人生で善い仲間に、巡り合いたいです。

一緒に、大崎上島を楽園として大成功させたいです。

私一人では無力なので善いご縁を祈り願っています。

私たちは、遥かなる挑戦者であり、冒険者でもあります。

詩人とは、職人魂でもあり、宇宙観と死生観で生きています。

私は、一生、詩人として高き志と信念の情熱です。

この命、この魂は、地球を楽園にするために努力しています。

私は、お金を稼ぐことも一所懸命に頑張ってゆきます。

地球上の貧困で苦しむ・悲しむ子供たちに希望を届けたい。

私は、仕事づくりをして、一生、社会奉仕で生きてゆきます。

この想い、この気持ちは、私の人生観として気づきがありました。

まだまだ、私も死にません、まだまだ、これからが私の人生です。

現実は、目の前の大崎上島を小さな楽園へと導きます。

この島に多くの方が移住したり、旅で訪れてほしい想いです。

私は、小さな楽園・大崎上島を心と愛で実現したいです。

だからこそ、この島には、橋を必要としていないのが現実です。

そして、私は、政治家になりません、私は、一生、詩人なのです。

私は、古里・大崎上島の心と愛、無限の可能性で頑張ります。

皆さんと一緒に、橋を架けない・大崎上島を真に猛進してゆきます。

我が志と信念は、命燃やして、我が道の果てに見る光へ進む。

 


HOME BACK