政治は学歴社会|エッセイ|


政治家になるためには当選すること。

皆様に私は問いたいです。

今の政治家には志と信念を感じる人はいますか。

少し考えてみて頂きたいと思います。

皆様は政治家のホームページを見たことがありますか。

とくにプロフィールに注目して頂きたいです。

市町村、県、国によって政治家の歩み人生も違います。

苦労話のある人、家系とか家柄を重視した人、世襲(せしゅう)の人など。

私が言いたいことは、真のリーダーとは何か。

政治家は学歴社会の中心でもあり、政策論のプロです。

それでは、学歴社会とは何か。

私は、日本国の政治にたいして真のリーダーを必要としています。

単に学歴と言っても努力してこそ、知識の習得になります。

政治家になるためには、学ぶ力、考える力こそ真の学歴だと思います。

なぜ、学ぶのか。それを私達は心眼で感じ得ることが重要です。

芸術家は学歴社会ではありません。感性の世界観です。

ですが、芸術家も学ぶ力、考える力という感性によっての能力も必要です。

私は政治家にはなりませんが、政治家は学歴社会の中心です。

そして、政治家とは社会奉仕家でもあります。

地元のために、お国のためにお役立ちする志と信念が重要です。

政治家とは導かれし者達ではなく、選ばれし者達だと思います。

今一度、皆様も政治家とは何かを考えて頂きたいです。


 


HOME BACK