民の力と地域改革|エッセイ|


政治家は、民の上に立つ人、ならば、私は無位無官。

たとえ、無位無官の民であっても、私の志と信念は固いです。

政治家も民であり、特権階級の位置にあります。

それを、公人と世の中の人々は言います。

だからこそ、情報公開をすることが政治家の責任です。

私は、大崎上島町に提言しています公式ホームページ。

公人こそ、公式ホームページの開設をしてください。

そして、血筋、家系、家柄を重んじる政治家もいます。

誰も否定はできませんが、私は真を強く感じたいです。

真、それは、誠と正義であり、政治家の公約です。

私は、一生、詩人として生きて、仕事づくりします。

仕事づくりは、自主的にすることであり、全員営業です。

私の価値観とは、民こそ、今こそ、立ち上がるときなのです。

民は、常に政治と経済を学び、民から政治家を選びます。

だからこそ、私たち民にも、重大な責任感があります。

田舎の選挙こそ、都会のように、政治家の情報公開です。

だからこそ、だからこそ、公式ホームページでの活動報告。

少なくとも、学歴・職歴・公約・改革論・改善論の公表です。

あなたは公人です、私は一般人の詩人です。

民の力での地域改革、それが、私の強い信念と意志です。

私は一所懸命に仕事づくりして、一生、社会奉仕したいです。

 


HOME BACK