教育改革と大崎上島|エッセイ|


教育の島、そのためには、教育改革が重要です。

教育とは、国際的にも課題の一つでもあります。

親の経済力がないと、現状は善い教育ができません。

教育改革と大崎上島は、現状は人材不足であります。

厳しい意見だと思いますが、真の大人が重要です。

真の大人とは、常に教育熱心に日々勉強すること。

私も日々勉強して、大崎上島の教育を真剣に考えています。

まさに、大崎上島は、教育に関する大きな課題です。

真の大人が子供達の手本となり、大人の自覚が重要です。

現状の大崎上島は、所得格差・貧困家庭も多くあります。

教育とは、私の考えでは、平等だと強く感じています。

しかし、現状は平等なんて存在しない苦労の連続です。

それを解決するためには、教育のプロであることです。

私も教育学を勉強して、長年にわたり教育を考えてきました。

まさに、教育改革と大崎上島が現状だと強く感じます。

真の大人の人材育成を実現化して、しっかりした大人です。

そして、大人の目線ではなく、子供達の目線が重要です。

一人一人の個性を重視した教育、希望と夢のある教育。

私は、大崎上島の教育には、プロフェッショナルが重要です。

尊重なき教育は、大人の目線で子供達の心を傷つけています。

私は、教育の活動も一所懸命に積極的にしています。

大崎上島は、所得格差・貧困家庭があり、親の経済力も重要です。

親の経済力がなければ教育は成り立たないのが現状なのです。

真の大人とは、日々感謝、日々謙虚、日々精進すること。

それが、教育の基本であり、大崎上島は大人の教育も重要です。

今一度、皆さんも真の大人を考えて、教育に関心を持ってください。

 


HOME BACK