挑戦者の美学|エッセイ|


「目の前の常識を捨てろ」、私は挑戦者であります。

何の挑戦者かと言いますと、楽園プロジェクトです。

大崎上島に「橋を架けない時代」、挑戦者の美学です。

現代社会は、猛烈な速度で時代の改革を続けています。

その改革には、インターネットという未知なる価値観。

まさに、時代は改革のとき、新しい政策も重要です。

私は一人の詩人として、大崎上島を楽園へと導きます。

そして、「橋を架けない」、私の意志は、燃える信念です。

挑戦者の美学とは、挑戦することに誠と正義があります。

人生の最強のライバルは、私の弱い心です。

私は、難病との死闘ですが、生きる哲学に気づきました。

政治家という絶対的権力の時代からの改革です。

私は、詩人の感性を磨き、毎日、ほとばしる波動です。

その波動は、すべての人々への愛情として表現しています。

協力と協力で大崎上島という小さな島を楽園へ実現します。

そのためには、真剣に私自身の健康、体調の安定です。

大崎上島は、離島社会だからこそ、素晴らしき秩序です。

私は、分かち合い・助け合い・支え合いの町づくりにします。

独占・競争ではなく、日本人の愛する大崎上島を実現します。

世界は、グローバル化へ加速して、個性を失っています。

日本には日本の伝統文化歴史があり、美意識ある国です。

そして、私は大崎上島を観光地にしないことを猛進します。

観光地・観光化の政策は、大きな問題となる予想があります。

要するに、私は、お金基準ではなく、人々の真心なのです。

私は、この大崎上島を心の時代へと改革・改善してゆきます。

資本主義の価値観は、貧富・格差・差別・環境犯罪です。

お金儲け主義者によって、私たち国民は絶望感になっています。

私たち国民の立場とは、弱者が現実の大きな問題です。

今、世界は変わろうとしています、あなたは何を志しますか。

 


HOME BACK