腸内を改善で幸せ|エッセイ|


私は、腸内を改善の実践をしています。

腸内を、きれいにすることは病気予防となります。

毎日、牛乳、ヨーグルト、納豆を私も食べています。

腸内を改善で幸せ伝達物質が作られてゆきます。

そして、あらゆる病気予防となり、腸内と脳神経の改善。

私は、食育の活動も一生懸命に実践的にしています。

幸せ伝達物質は、腸内にあり、食育が重要なのです。

我が家は基本的に牛肉を食べず、豚肉と鶏肉です。

悪玉菌とは、肉を分解する菌であり、善玉菌との安定です。

その安定が腸内にも重要なことなので食育推進しています。

白米、季節の野菜を中心に食べることが病気予防です。

また、お酒は脳神経に良くありませんので休肝日も重要です。

私も、お酒が好きなので家族と楽しく会話して飲んでいます。

アルコール摂取によって、人生を崩壊することも事実です。

だから、お酒は飲み過ぎ注意、お酒は一滴も良くありません。

私も腸内を改善することに意識して、食生活も考えています。

より心豊かな暮らし・生活ができるように、私も努力しています。

食の内容は、最も大切なことなので常に意識してみたください。

 


HOME BACK