大崎上島町の課題|エッセイ|


大崎上島町の課題は、中途半端な政策です。

たとえば、観光にしても、先見性がなく、現実は厳しいです。

まずは、基盤づくりをして、それから予算案を成立すること。

しっかり議員(政治家)が検討して予算案を討論すること。

そして、助成金・補助金の課題も多くある大崎上島町です。

無駄を減らして、削減することも重要な課題でもあります。

観光、町づくり、福祉、教育の島、それが、大崎上島町です。

すべての分野に税金が重要であり、優先順位を考えること。

大崎上島町の現実を直視して予算案を決定すること。

それが、無知であると、何のための議会か疑問になります。

しっかり、自覚と覚悟の決定して、政治家のリーダーシップ。

さらに、議員議席を減らして、人材と実力ある政治家が重要。

この離島社会には、人材不足が現実の課題でもあります。

結局、目先の欲望、損得計算で進めている結果なんです。

真剣に大崎上島町ために活動することが求められています。

私は政治家になることは無いですが、議会を疑問視しています。

議員報酬とは、人と町のために活動する費用なのです。

私的財産を集めるのが政治家ではなく、地域リーダーです。

しっかり、地域のために活動することが議員の役割です。

要するに、政治家とは社会奉仕・ボランティアで良いです。

財政が厳しい、その現実を直視して、活動をしてください。

大崎上島町の現実と未来を真剣に考えて、行動力が重要。

とにかく、助成金・補助金に目を輝かせることが大きな課題。

そして、議員としての勉強熱心であり、誠と正義感が重要。

議員は、地域リーダーとしての発言の責任と自覚ある行動。

私も真剣に情熱で大崎上島町の現実を常に考えています。

「あなたの政治家としての志と信念は何か」、それが、課題です。

政治家とは生活費のためではなく、しっかりしたリーダーです。

公約なき政治は、真の政治家ではなく、私的財産確保であります。

 


HOME BACK