プロフェッショナル|エッセイ|


私は、自費活動で努力を継続しています。

誇りとプライドの自費活動の評価は、低いです。

私は、その低い評価に最も疑問を感じています。

そして、個人から組織化へと計画を構想しています。

私は、世の中の評価も感じつつ、自己評価。

自己評価で言えば、自費活動は誰もができません。

当たり前の話ですが、お金基準が社会です。

しかし、それだけでは、社会は成り立ちません。

私は、仕事も活動も、お金基準ではなく、真実です。

人類は、お金の歴史が長くあり、お金を稼ぐ能力を評価。

しかし、いろんな人間という個性と価値観もあります。

私は、自費活動を継続するために、仕事づくりしています。

仕事づくりは、私の能力開発、能力向上に存在します。

そして、私にも志と信念があり、あらゆる分野の学び。

常に勉強熱心で社会とのつながりを強く感じています。

仕事とは、プロフェッショナルの美学、美意識が必要です。

そして、人間哲学、宇宙芸術も必要な価値観であります。

大海を知らず、地域社会の改革・改善はできません。

だからこそ、仕事と活動は、プロフェッショナルであること。

価値観の理論が社会を創り、社会は無限の宝庫です。

私も常にプロフェッショナルで熱意ある努力です。

認め合いの社会、敗者が存在しない社会、地球の楽園。

私の夢の広がりは、宇宙のように果てしないです。

 


HOME BACK