少し自信回復|エッセイ|


死闘の日々、私は心の病に負けません。

たとえ、難病であっても希望があります。

信じ合える仲間・同志の存在が心強いです。

過去、とてつもなく苦しい体験をしてきました。

今、かすかな光が見えて、少し自信回復です。

人生の最強のライバル、それは、私の心。

その心に勝利するために生きています。

人生は、苦労の連続ではなく、希望ある道へ。

私は、一人の詩人として果てしなき志があります。

この道は、やはり、厳しい現実、夢は遠くです。

あきらめません、私は私を信じています。

生きてゆくためには、経済活動も重要です。

来年は、仕事も少しずつ増やしてゆきます。

私は、あらゆる分野の勉強も継続します。

生きている、この喜びを胸に明日へ明日へ。

復活のときは来る、それが、チャンスです。

私は、大きな仕事、大きな夢を実現化したいです。

一生懸命に努力して、私の道を歩んでいます。

素晴らしい日々、私は、とても、とても幸せです。

どんな困難も打ち倒して、心を強くしたいです。

人と人との間には、真心が存在して私も笑顔です。

負けない、負けない、私は私に負けたくない。

そして、私は英雄になるのではなく、世界詩人です。

日本代表の世界詩人が大きな夢なのです。

そのためには、日々努力あるのみ、まっすぐ前進。

私の生きる道を心豊かに歩み、果てしない挑戦します。

病気を理由で何もできないのではなく、志と信念です。

一生、私は詩人として勉強を猛烈にしてゆきます。

私は勉強が大好きなのです。一生、勉強もします。

たくさんの本も読み、たくさんの土地へ行きたいです。

私は生きている、私の命と魂は、ほとばしる感性です。

我がゆく道、我が心の宇宙に気づき、新しい時代を創る。

 


HOME BACK