福祉とは何か|エッセイ|


私は、常に福祉のことを考えています。

まず、福祉の社会での役割は、幸せです。

幸せを一緒に創ること、思いやりの福祉です。

そのためには、食育を学ぶことも重要です。

仕事は仕事、それで福祉と言えるのでしょうか。

食は人生観を変化させて、東洋洋栄養学です。

栄養士とは、西洋思想であり、東洋は無視です。

食と命の原点を考える、それが、福祉の総合力。

福祉改革をするためには、広い価値観の修得です。

せまい発想、せまい考え方などは、通用しません。

現実と理想、現実は人材不足でもあります。

厳しい意見ですが、人としての適材適所も重要です。

人と人との支え、助け、理解は、より心豊かな社会。

福祉は社会に最も重要な役割でもあります。

だからこそ、一人一人の幸せを一緒に創ること。

そして、常に勉強と経験が重要であります。

言葉では簡単ですが、実践となると能力です。

能力開発、能力向上、人材育成が重要です。

社会的責任感があり、人との心、愛情です。

まさに、まさに、福祉改革するときだと強く感じます。

現場の声を受け止めて、改革と改善すること。

様々な視点と論点から意識して、改革と改善すること。

仕事は仕事、たしかに正論ですが、常に学ぶこと。

現実の問題では、地位と立場を守る人々も存在します。

福祉と医療、福祉と食育の勉強をしているのでしょうか。

社会システムでの福祉は、補助金・助成金の無駄遣いです。

「誰かのために」と言う前に、常に勉強して前進すること。

そして、経験値を高めて、現実の福祉改革をすること。

幸せの道を創る人生観と死生観、福祉の重要な役割です。

 


HOME BACK