小さな幸せ|エッセイ|


私は、小さな幸せに感激と感動しています。

この現実を受け止めて、幸せある人生です。

多くの助け、多くの支えに日々感謝しています。

私は、大崎上島という島を心から愛しています。

この愛には、嘘も偽りもなく、純粋な気持ちの高さです。

人は、苦労の数だけ真心を手にすると私は思います。

そして、日々の暮らしの中で小さな幸せに気づきます。

私は、ご先祖さまから継承されている大崎上島に感謝です。

だからこそ、この島の未来を考えたときに現実は死闘です。

最強のライバルは自分自身の心であり、誘惑に負けません。

愛するべき大崎上島には、未来と希望が必要だと私は思います。

一人一人の勇気は、大崎上島の未来を創り、心の善です。

そして、新しい時代を創り、橋を架けない、愛のある大崎上島です。

私は詩人という感性を磨き続けて、幸せを感じて生きています。

みんなが協力して、みんなが応援できる島へと前進してゆきます。

私は、地域力を高めるために様々な分野を日々勉強しています。

まずは、詩人として純粋な想いを人々に伝えてゆきます。

私は生きている喜び、生きている幸せを強く強く感じています。

一生、私も大崎上島に住み、一生、詩人として努力を継続します。

皆さまにも愛の小さな幸せがあることを私は祈り願っています。

 


HOME BACK