地域改革の情熱|エッセイ|


私は、広島県大崎上島の地域改革を情熱的にしています。

新しい時代の扉を開けるために、まずは改革です。

地域の根っこ、そして、地域の課題を直視しています。

まずは、地道な地域活動の継続をしてゆき、意識改革。

島民の意識改革こそ、現実の大崎上島には必要なことです。

だからこそ、私は積極的に地域改革を猛進してゆきます。

私は、離島社会だからこそ、無限の可能性を強く感じています。

そして、一生懸命に努力して、現実の課題と目標を達成します。

一人一人の島民が主役となり、協力者となり楽園へと猛進あるのみ。

私は、大崎上島という島を楽園へと実現するために情熱があります。

人々が語り合い、人々が愛する大崎上島へと大きく発展すること。

教育だけではなく、心の時代へと猛進してゆき、心の古里づくりです。

日本、世界からの移住者も増やして、新しい時代を創りたいです。

だからこそ、一人一人の志と信念が重要であり、今こそ改革です。

様々な世代が団結するときだと私は強く感じて活動しています。

沈黙する必要はありません。今こそ勇気と正義ある行動をすること。

私は、詩人という名の感性があり、真の民間リーダーも志しています。

大崎上島に小さな楽園を創り、未来へと情熱的に猛進するときです。

私たちは勇者として立ち上がり、一人一人の情熱を結集しましょう。

 


HOME BACK